会社案内 配合飼料とは 製造工程 安全 安心への取り組み リンク

お問い合わせ Copyright
サイトマップ 個人情報保護方針
行動規範 内部統制システム構築に関する
基本方針
ホクレンくみあい飼料

配合飼料とは
牛の配合飼料
豚の配合飼料
鶏の配合飼料

会社案内(pdf/5,335KB)
PDFファイルを閲覧するには Acrobat Reader が必要です。お持ちでない方は下のボタンをクリックしてダウンロードしてください。
 
TOP 配合飼料とは 牛の配合飼料

配合飼料とは


牛の配合飼料

乳牛用飼料

 乳牛の飼料は、ほ乳期用(代用乳・人工乳)→育成期用→泌乳期用→乾乳期用→とステージごとに飼料が変わります。
 代用乳はミルクのことであり、お湯に溶かして与えます。人工乳とは離乳用の飼料であり、ミルクと並行して与えますが形状は大人の牛と同じです。
 育成期用は1歳以下の幼牛と初めて種付けしてから出産まで(概ね2歳)の若牛段階の飼料とに分かれます。
 分娩後の泌乳期用の飼料は一緒に与える粗飼料によって、栄養成分を考慮します。この為、泌乳期の飼料はシリーズで粗蛋白成分の違うものを設定しています。次の分娩の60日前からは分娩に備えて搾乳を中止し、この乾乳期には泌乳期とは違う飼料が与えられます。


肉牛用飼料

 肉牛の飼料は、品種(乳用種・交雑種・和牛等)によって設定されている飼料が違います。品種によって目指す肉質が違い、それにあった設計がされています。
 肉牛の場合は、ほ乳期から育成期の飼料についても、乳用種と交雑種・和牛では異なる飼料となります。肥育期については肥育前期は体をしっかり作る時期、肥育後期については体を大きくしていく時期となっており、肥育前期の方が粗蛋白質が高い設計となっています。肉牛は品種によって肥育期間が異なる為、前期と後期の期間についても違いがあります。
 また、和牛の飼料には大麦が多く配合されています。


Copyright(c) Hokuren Cooperative Feed Mills Co.,LTD All Right Reserved.